コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

とある魔法士の軌跡(8)

「‥‥さて、あとは一宮さんの部屋だけですね」

あれからおよそ三、四十分ほどだろうか。拓夢は彼女から寮内の案内、そして説明を受けた。個室は備え付けのベッドと机を除いたスペースが六畳、風呂とトイレは別、そして収納は充実。部屋の片付けが苦手で母親に注意されるのが常だった拓夢でも、これならば人並みに片付けが出来そうだ。
一階あたりの住人が、およそ四十人。東寮では三階から十階が女子の部屋に割り当てられており、東寮では偶数階に大浴場が作られているとのことだった。

「しっかし大した金の使い方だな、国民の税金湯水のように使ってんだろ?」

「そうみたいですね。‥‥いくら私たち学院生が有事のときに鉄砲玉になるとは言っても国民の皆様に感謝する気持ちを忘れてはいけません」

彼女の新名な面持ちに、思わず身が引き締まる。自分はこれから魔法士としての道を死ぬまで歩むのだ。廊下の窓から見える、所謂『普通』の人たちのように生きることは、もうできない。
召集がかかれば、例えどんな状況であろうと日本のために戦うことを強いられる立場になったのだから。
そしてその道を、東京学院に通う者は自分のような例外を除き自ら選びとったのだ。

「今回は特別に許可を取ったのですが、本来私たちはお互い異性の階には入れません。これを破ってしまうと‥‥」

「破ってしまうと?」

「酷い目に遭う、とお姉ちゃんが言っていました」

そうそう、と彼女は付け足すと、一枚の紙を拓夢に手渡した。その肌は雪のように白く、指は細長い。

「これ、クラスの名簿です。クラスメートの名前と出身地が書かれてますからよかったら是非」

「本当色々と悪いな、助かるよ。俺からも何かできることがありゃいいんだけどな」

彼女はとんでもない、とでも言いたそうに両手をぶんぶんと振ると
「同じクラスの一員になることですし」
とだけ笑顔で返した。

「そうなのか? じゃ、これから一年間宜しく頼むよ。出来ることがあれば手伝うから、何でも言ってくれると助かる」

はい、と頷いた彼女と固く握手を交わすと、拓夢は部屋へ入っていくのだった。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

とある魔法士の軌跡(7)

「……ってわけ」

 拓夢はやれやれ、とでも言いたげに肩を竦めて言った。
 実際、彼は雪音のことがあまり得意ではない。嫌い、というわけではないが。
 あの飄々とした雰囲気、そしていつの間にか自分のペースを侵略されている感じが、どうにも慣れることができないのだ。

「でも、ご家族のために魔術師になる道を選んだんですよね? 私は貴方のことすごくしっかりした人だなと思いますよ」

 麗は、にこりと微笑んだ。
 彼女の表情は柔らかかったが、その裏には何か陰があるように思えた。

「天嶺さんは?」

「え?」

「天嶺さんは、どうして学院に通おうと思ったんだ?」

「私のことは呼び捨てで構いませんよ。うーん……秘密でっ」

 彼女は唇に人差し指をあてて、ウインクしてみせた。

「おいおい」

「ふふ、ごめんなさい。でも秘密の多い女性って、魅力的じゃありませんか?」

 何やら最もらしい理由でかわされ、どうやら有耶無耶にされてしまったようだ。
 ひょっとしたら聞かれたくないことだったのかも知れない。雰囲気を読むことに長けているわけではない彼でも、それくらいは察しがついた。多分、さっき出逢ったばかりの自分が深入りしてはいけない問題なのだ。

「じゃ、そういうことにしとくさ」

「ふふ、ありがとうございますっ。あ、それはそうと寮の案内、今からしましょうか?」

「あー、そうだ。じゃあ、頼む」

 彼女は頷くと、踵を返し寮に入っていった。彼女に先導される形で、彼も歩いていく。
 そのときだった。突如悪寒が走る。彼は慌てて振り返った。

「何だったんだ、今の」

 背後から何かを感じた。振り向いた先に、何かの姿があったわけではない。
 しかしそれは勘違いで済ませていいほど、抽象的なものではなかった。訝しげにそこを見つめていた彼だったが、麗のことを思い出し慌てて歩を進めるのだった。


このページのトップへ
コンテントヘッダー

とある魔法士の軌跡(6)

――春から楽しくなりそうだ。
 帰りの道を歩きながら、天嶺は思った。有事の際には少佐相当の地位を持つ彼女であれば、要望もその地位なりに通すことができる。無論嫉妬の対象にはなっているが、飄々として尚且つふてぶてしさの極みであることは自他共に認めている彼女にとっては、そんなものは何の苦にもならない。
 彼女が望めば彼の担任になることもできるだろうし、実際そうするつもりであった。
 見上げれば、雪が降り始めた。予報では吹雪くことはないとあったのだが、万一のことを考えて歩みを早めようとしたそのときだった。

「なあ」

 背後から、声がした。振り向けば、そこに立っていたのは一宮拓夢。
 走ってきたのか、少し息が上がっている。息を整えてから、彼はその口を開いた。

「どうした、少年」

「一つ、聞いていいか? 何で強制入学なんだ、まだ力のコントロールさえ満足にできないんだぞ。国は俺に一体何をさせるつもりなんだ?」

 困惑している様子の少年を見て天嶺は微笑むと、そっと彼の頭を撫でた。その表情は穏やかで、母性に満ちていた。そしてその手は温かい。

「ま、確かにいきなり家まで来られて魔法士になれ、では分からないことだらけだろう。君が知りたいことの殆どはいずれ分かるよ、いずれね。だが今はそのときじゃあない。安心したまえ、私は君の味方だよ。困ったときには電話でもしてくるといい。再会できるのを、楽しみに待っているよ。そうそう、目上の人間には敬語を使いたまえ、有事の際には私は君の上司になるかもしれないんだ。」

 それだけ言うと、彼女はひらひらと手を振りながら軽い足取りで再び歩き出した。
 彼女が何を考えているのか分からないまま、拓夢は次第に遠ざかっていくその後ろ姿をただただ眺めていた。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

とある魔法士の軌跡(5)

 2011年12月。
 雪がちらほらと姿を見せ始めた頃だった。

「――突然お邪魔して、申し訳ございません」

 黒いスーツに身を通した彼女から手渡された名刺には、『天嶺(あまみね) 雪音』と書かれていた。
 彼女と共にやって来た二人の役人は、玄関口で待機している。
 母親は彼らにも入ってもらうように言ったのだが、彼らは頑なに応じようとはしなかった。

「単刀直入に申し上げますと、息子さんには春から東京学院に通っていただきます」

 凛とした眼差しで、彼女はこちらを見つめてきた。
 その視線に、思わず目を反らしてしまいそうになる。

「学院に通うかどうかは、こちらに選択権がある、と聞きますけど……」

 母親の言葉に、彼女は首を縦に振った。
 だが、事態は変わらない。彼女は、続ける。

「確かに選択権はあります――ですがそれはあくまで『一般的』にの話です。今回は国からの勅令なので、残念ながら今回に限っては貴女がたにに拒否権はない」

「でも、どうしてうちの子が……?」

「何故、か。貴女は解っているのでしょう?」

 母親の問いに、天嶺はくすりと含み笑いを見せて返した。それに対して母親は言い返せないようだった。
 そしてその光景を、少年は訝しげに見ていた。

「強制されてしまうお気持ちはお察しします。ですが応じていただけるならば、国からはあなた方が望むだけの援助をさせていただくことになっています」

 こちらを、と天嶺は公式の書類であることを示す押印がされた封筒をすっと差し出した。
封筒の中に入っていたパンフレットには、学院のことが事細やかに書かれていた。天嶺はその中から奨学生について記されたページを開くと、そこをこちらに見せてきた。

「普通の奨学生は学費と寮費が免除されますが、君の場合はそれに加えて毎月望むだけの援助を国から貰えることになります」

 正直、少年の心はぐらついていた。父親は彼が物心ついたときからいない。母親と、二歳年下の妹と、そして自分と。三人家族で今まで暮らしてきた。
 女性二人を残すことに不安はある。だが、彼女らが困らないだけの援助を受けられるならば――。

「母さん、ごめん。俺、東京にいくよ」

 ほう、と天嶺は呟いた。
 少年の瞳から、何かを感じた。そして、彼女は微笑んだ。

「拓夢(たくむ)……」

 母親が心配そうに見つめてくるその視線に、後ろ髪をひかれそうになる。
 だが、彼は決めたのだ。自らの意思で、自らの未来を。

「どうせ拒否権がないのなら、思いっきり金をふんだくってやるさ。母さんが働かなくて済むくらいに」

「その意気やよし。では、此処に署名をいただけるかな? なに、入学するという同意なだけで他には何もない」

 彼女の言う通り、紙には『誓約書』という題の他には学院長の印と『私は東京学院の生徒となることに同意します』と書かれただけの至極あっさりとした書類であった。
 そこにボールペンで自らの名前を記入すると、拓夢はそれを天嶺に手渡した。

「ほう、角ばった男らしくて格好のいい字体だね。では、確かに同意をいただいたよ。援助に関してはその内郵送で書類が届くからそれを。今日のところはこれで失礼しよう」

このページのトップへ
コンテントヘッダー

とある魔法士の軌跡(4)

「噂をすればなんとやら、だな。彼女が私の妹、麗(うらら)だ。麗、こちらは一宮くん。寮のことについて色々と教えてやってくれ」

「……一宮さんって、あの?」

 ――あの、と見ず知らずの人間に言われるようなことをしでかした覚えはないのだが。
 何を吹き込んだんだ、そう言いたげな表情で少年が恐る恐る姉の方をちらりと見やると、彼女はにこりと微笑んだ。

「なに。はるばる九州から有望株がくると言っていただけさ、悪い意味じゃない」

「はあ」

 有望株、と言われて悪い気はしない。寧ろ、彼女は学院の教師内でも高い実力を持つ方だと聞く。そんな彼女に素質を認められていると知った少年の顔が、思わず綻ぶ。

「私はまだやることが残っているから学院に戻る。麗、あとは頼んだ」

 彼女はくるりと踵を返すとそのまま来た道を戻り始めた。
 黒のハイヒールがコツコツと地面を規則的に叩く。
 取り残された麗は、僅かではあるが溜め息を溢していた。格好を見るに、これから彼女にも用事があったのだろう。

「あの、何か悪いことしたみたいで済まん」

「え?」

「いや、出かける所だったみたいだし」

「いつものことですから、気にしないでください。只の散歩にいくつもりでしたし。ところで一宮さんは、どうして学院に入ろうと?」

 首を傾げる彼女の問いに対し、少年は寮の壁によりかかる。
 気だるそうに額に手を当てながら、彼は口を開いた。

「……どうしてというか、強制的に入らされただけだ。国からの勅令ってやつでな。その分他の生徒より優遇されるらしいんだけどな」

 少年は、麗の姉・雪音(ゆきね)と国の役人が実家に現れたときのことを思い出していた。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

とある魔法士の軌跡(3)

「ああ、そういえば君は九州から上京してきたんだったな。北は校門から見て校舎側だ、覚えておくといい」

「はあ、なるほど。つまり東は……」

 左右に首を振って見回す少年に、女性はやれやれと肩を竦めた。上からの指示とはいえ、彼女がわざわざ九州まで出向いた男は、東西の方角すら危ういらしい。
 緩やかな風が、その場を吹き抜けた。

「東は君から見て右側だ、大丈夫か君は……」

 このままでは寮につくまでにすら迷いかねない。溜め息をつきながら仕方ないな、と呟くと彼女は少年を見やった。

「寮まで連れていってやろう、ついてきたまえ」

「……すいません」

 東京学院が有する寮は東寮、西寮、南寮の計三つ。そして南寮が女子寮、西寮が男子寮になっている。

「しかしよかったな、東寮は女子部屋もあるぞ」

「はあ、そうなんですか?」

「面白くないな、君は楽しみじゃないのか? 年頃の女子と一つ屋根の下だぞ? と、忘れていた」

 少年の反応の薄さを嘆きながら、彼女は思い出したように付け加えた。

「私の妹も東寮にいるんだ、仲良くしてやってくれ」

「先生の妹さんですか……?」

 少年は頭に思い浮かべた彼女の妹を、ぶんぶんと首を振って掻き消した。こんな人物がもう一人いるなどと、冗談ではない。とても付き合えたものではない。
 すると、彼女があからさまに不機嫌そうな顔でこちらを睨んでいるではないか。少年は苦笑いして流そうとする。

「何でそんな嫌そうな顔をしているんだ君は。失礼な奴だな」

「嫌なわけじゃないですけど、ちょっと厄介そうだなと……」

「一緒だろう」

 軽めとはいえ、鳩尾にツッコミのグーが入った。走った痛みに思わず少年は腹を押さえて踞る。
 生徒にグーをお見舞いするとは何という教師だろう。笑顔で悶絶の様子を見ているのが殊更手に負えない。全く勘弁してほしいものである。
少年は涙目で彼女を見やった。

「おっと、手加減したつもりだったが場所が悪かったかな? すまんすまん」

 ――にゃろう。
 少しも悪びれていなそうな彼女の後ろ姿を見て、少年は聞こえない程度の声で呟いた。
 痛みが引いてから、再び東寮を目指し歩いてから凡そ十分後。高層ビルが立ち並ぶ街並みの中、それらに比べ低めの建物が目の前にあった。『東京学院 東寮』と刻まれた看板があることからこれに間違いない。
「着いたぞ、ここが今日から君の家だ。くれぐれも――」

 彼女がぱたりと喋るのをやめ、視線を寮の玄関口に移した。つられて少年もそうしたその先には、また別の女性が立っていた。

「お姉ちゃん?」
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

寺田きな粉

Author:寺田きな粉
学生。
ミルキアン兼ラブライバー。
twitter→@wgo_milkian

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。